仮想通貨

【仮想通貨で資産運用?!】Defiとは?怪しい?アルトコイン、草コインとの違いは?

こんにちは、パイメンです。

最近世間を賑わせてる仮想通貨。

ついにパイメンも仮想通貨を始めました。

 

この記事を読むことで

「仮想通貨怪しくねww」
「実際儲からんだろwww」 といった反対意見や

「仮想通貨で資産運用ってどうやって始めるんだろ?」
「株より儲かるん?w」
「誰でもできるの?w」   といったこと

について詳しく知ることができます。

わからない単語がたくさん出て来ますのでわかりやすく解説していきます。

 

サルでもわかるDefi、DEXとは。

Defiとは仮想通貨の仕組みを用いた金融サービスの総称のことです。
DEXは仮想通貨の取引所の総称のことです。

→どんな金融サービスが実現しているか。

・compound(コンパウンド)
今までは貸し手と借り手、預金と貸付などを銀行が仲介していました。
しかし、仮想上では契約が改ざんされるなどしてうまく仲介できません。
そこでコンパウンドではこの仲介をスマートコントラクトというシステムを用いて実現しています。
これは簡単に言えば、契約を自動化することで改ざんできないようにするシステムのことです。
自動販売機も選んだ飲み物を契約して、それ以外の飲み物が出てこないよう(改ざんできない)になっています。イメージはそのような形に近いです。

 

DEXとは...?

DEXとは管理者がいない銀行のようなものです。

ブロックチェーン技術により、改ざんできないため仮想上で銀行の仕組みが実現するのです。

そこでは仮想通貨やトークンを用いてやり取りをします。

仮想通貨やトークン についてですが、こちらの方の記事がわかりやすいです。
記事をまとめるとこんな感じです。

仮想通貨とトークン

  • 仮想通貨
    :オリジナルのブロックチェーンで発行されているデジタル通貨
    例 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)
  • トークン
    :そのブロックチェーンの中で発行される通貨
    アルトコイン草コインといわれるもの

無理に例えると

・仮想通貨は日本円、アメリカドル、ウォンなどといった大きな枠組み。
・トークンはその国で出している会社の商品券


のようなイメージです。

それぞれのトークンには価値があり、仮想通貨と交換されます。
そのトークンを交換できる場所としてDEX(分散型取引所)があるわけです。

現実世界でイメージすると現金で商品券を購入するという形です。

同じ商品券でも金券ショップでは安く買い取られるし、オークションなどで希少価値があればどこかの誰かが高い値段で買ってくれます。
価格差があるのです。

同じように色んな取引所があることを頭の片隅に入れておいてください。

ポイント

DEXは仮想通貨とトークンを交換できる場所

 

DEXという交換できる場所があることは理解できたとします。

しかしここで問題が生じます。流動性が不足するのです。

流動性とは現金と商品券の交換の流れです。

1万円があっても1万円と同じ価値の商品券がないと交換が成立しません。

じゃあどうするかというと、その商品券を持っている人に預けてもらいます。

その人は商品券を預ける代わりに1万円+利子がもらえるわけです。

このように流動性プールという場所に商品券を預けてもらうことで商品券があたかもあるようにして、ほかの取引者がすぐに交換できるようにするというのがDEXです。

この一連の流れを流動性と言います。

そして預けてもらうことでありがとう、と手数料がもらえるわけです。(利子)

利息は
あまり集まっていない流動性のモノに関しては高いですし、
たくさん集まっている流動性のモノに関しては低くなります。
この利息率のことをAPRと言います。

APRは後ほど出てきますのでぜひ覚えておいてください。

ポイント

流動性のありがとうで稼ぐ

 

 

 

仮想通貨でお金を稼ぐ方法を3つ紹介!

稼ぐ方法3つ

1.DEXを利用する

2.仮想通貨の価格差で稼ぐ(大きなボラティリティの利用)

3.プレセール、airdropで稼ぐ

その前に、ここからの話であったほうが良いツールをご紹介します。

仮想通貨界を生きる上でほぼ必須のアプリ

上3つは情報を集めるために必要なアプリです。

登録しておきましょう。

リンクを押すとページに飛ぶようになっています。

 

そしてmetamaskについてですが、こちらの記事を読んで登録してください。必ず必要になります。

注意事項も書いてあります。

※間違ってもパスフレーズは他人に教えないように!

 

1.DEXを利用する

利子を使って儲けるというものです。

DEXの利子はすさまじいです。年利10%~数千万%まであります。
え?何かの間違い??

これはあるサイトのDEXなのですが、利子(APR)が780万%です。
365日で割ると1日当たり21390%の利子がもらえます。
これはあまりにも極端な例ですが、本当にこんなのがたくさんある世界なのです。
1日で数万稼ぐのなんてコツをつかめば一瞬です。

これは流動性を提供することでもらえる利子です。
お金を預けることで(ステーキング、プーリング)誰でももらえます。

この高利回りが出せるのは非中央集権型のお金の流れだからです。
間にお金がかかる要素(人件費、設備費など)がないため全部利子に回せることで実現できているのです。

また記事が書けましたらこちらに参入する方法を共有いたします。

2.仮想通貨、トークンの価格差で稼ぐ

シンプルに安く買って高く売ります

仮想通貨の世界ではボラティリティ(価格差)がとても大きいです。

仮想通貨では変動が激しいため、1日10倍になることもまれではありません。
もちろんその逆の1/10になることも良くあります。
自分がどれくらいの資金でどれくらいのリスクまで取れるか考えてください。
この考え方をリスク許容度と言います。
ここがブレてしまうと一瞬で大損してしまします。
コツは無理のない程度に少額からやっていくことです。

リスク許容度について

この中で自分がどの考え方なのかを知っておくことが重要です。
ハイリスクでもリターンの大きさを大きくするのか。
それともローリスクでコツコツ稼いでいくのか。

技術もないのに勝てるのか。

仮想通貨は技術がそれなりに必要です。
しかし、時と場合によっては仮想通貨は技術がなくても勝つ方法があります。

技術に勝つために必要な要素

  • リスク許容度を低く設定する。
  • 一次情報に近い情報を取りに行く。
・リスク許容度を低く設定する。

少額でコツコツ稼ぐというのを徹底することです。

失敗してもやり直しがききます。

ドカンと稼ぐのもいいですが、資金がない方は一瞬で退場してしまうことになります。

やはり、少額で触ることで、仮想通貨の相場に慣れていくことがおすすめです。

・一次情報に近い情報を取りに行く。

仮想通貨の世界では法規制がまだ整っていません。

インサイダーな情報もたくさんあります。
(インサイダーとは価格に大きな影響を与える内部情報を用いて儲ける)

そういった情報をいち早く手に入れるためにコミュニティなどに入り、一次情報に近い情報を取りに行くことが推奨されます。

 

twitterなどで情報を集めるのがおススメです。

また、discordやLINEのオープンチャットなどのコミュニティに入るのもおススメします。

discordはあるのでこちらから飛べるようにしておきます。

仮想通貨初心者の方々が取引できるように、導いていけたらいいなと考えています。

また、一緒に勉強できればいいなと考えています。

初期メンバーとして一緒に手伝ってくださったらうれしく思いますw

3.プレセール、airdropで稼ぐ

プレセール

presale(事前販売)のことです。

メリット

  • 下手すれば数百、数千倍になる前に激安で購入できる。
  • 少額からでも買える。

デメリット

  • 価値がほぼ0になる可能性もある。
  • 運営が閉鎖する可能性がある。

トークンがローンチ(立ち上がる、公開される)前に特別価格で購入できます。

 

しかし、後述しますが、ローンチされた運営元が飛ぶことがあります。

その場合は購入したトークンが取引不能となり、取り戻せなくなってします。

そのため、良いプロジェクトかを見極める必要があります。

Airdrop

メリット

  • 下手すれば数百、数千倍になる前にトークンをもらえる
  • ノーリスクで資金を調達できる。

デメリット

  • サブ用のウォレットを作る必要がある(作るのは簡単)
  • 無価値になるものも多いので時間が無駄になってしまう

airdropとは一言で言うとできたばかりのトークンを無料で分けてもらえるというものです。

できたばかりのトークンというのは知られていないですし、価値もありません。

なので「トークンをあげます、その代わりに広めてほしいな」という運営の要望に答えるのです。

運営が指定した条件(twitterでリツイートとかをすることで引き換えにいくらか分のトークンをもらうことができる)をクリアすることでもらうことができます。

こちらは運営がいなくなってもタダでもらったものなので問題はないでしょう。

この世界が怖いなら、airdrop専用のサブウォレットを作り(ハッキング防止のため)、そこに貯めていくのも一つの手かもしれません。

 

Defiが怪しくない理由

理由

  • 有料のサイトに登録する必要がない
  • 少額から始めることができる
  • 独学でできるので商材を買わなくていい
  • 誰かを巻き込まなくて良い
  • 僕が作ったグループで無料で教える

仮想通貨の世界では高額な情報商材がたびたび出回っています。

しかし、そんな情報商材なんて買わなくてもDefiはできます。

また、Defiは人を紹介して紹介料を取るといったことをしなくてもいいので、人を巻き込まなくてもできます。

そして、少額から始めることができるのもメリットです。
仕組みを知りたいのであれば少額から始めることをおすすめします。

 

わからないことがあればコメントで質問ください。

Defiのリスク・失敗例について 実例を上げて

・Pump(インフルエンサーの煽りによって、高値掴みし、損失を抱えさせられる)
 


僕は2021年に仮想通貨を初めたのですが、5月頃にApeswapというDefiが流行りました。
Defiを触ったのがこれが初めてでした。
インフルエンサーがこぞって買い煽りをし、高値づかみ。
見事に損失を抱えてしまいました。
あまりDefiを触っていなかったのが敗因でした。
インフルエンサーが煽っているのをみたら、「ん?」と思うことが大切です。

人間は、3億円稼いだ満足感よりも、200万円失った苦痛感のほうが残りやすいという心理があります。

損失回避の法則といいます。どうしても取り戻したくなって、上がるまで持ち続けて、離脱するタイミングを失ってしまうのです。

この対策としては、自分ルールを作ることです。
「何万円まで損失を抱えたら、嫌だけど損切りする。」とルールを作り、そのルールに忠実に従うのです。
株とは違い、価値が0円になるコインも数多ある世界です。
このルールだけでも作っておけば間違いなく勝てます

ラグぷる(rug pull)・スキャム(scam)   →詐欺

これは運営がハッキングにあったなどと理由をつけ、swapした通貨が売り戻せなくなるものです。
他には3月にあったのが、$NFTPというトークンがあったのですが、

このように、高値からいきなり0円に近いくらいまで暴落してます。
これも、運営が所有していたトークンを一気に売ることで発生します。
トークンはtwitterなどで情報を追うと良いです。
明らかに大きな取引所に上場するといった発言(嘘か本当かわからないが、本当だったら暴騰すると匂わせる)がある場合は注意したほうがいいかもしれません。
しかし、どれだけ気をつけても運営が飛ぶ可能性が0ではないのでそのことを頭に入れておかないといけないです。

GOX(送金先のチェーン・アドレスを間違える)

気をつけていても起こります。

なので、送る先に少額で送金してテストすることが大切です。

また、

また、ウォレットに送金する際、BNBやETHには送金チェーンという概念があります。
対応しているチェーンに通貨を送らないとなくなってしまうのです。
BNBを送る場合→BEP20
ETHを送る場合→ERC20 などといった種類があります。
これをETHをBEP2で送ると対応していないため、表示されず、永遠になくなってしまうのです。
この送金間違いによる資金の紛失をGOXと言います。

GOXの対策

  • 少額で送金テスト
  • 通貨ごとの対応ブロックチェーンを検索する
  • 送る前に再度アドレスとチェーンがあっているか確認
  • 判断力が落ちる夕方〜夜にかけては注意する

上記以外にもミスを無くす工夫を自分なりに考えていく必要があります。

revoke(怪しいサイトとの切り離し)

怪しいサイトに入ってしまったな、と思ったら必ずrevokeしましょう。

→ smart contract allowance checker

自身のウォレットをつなぎ、revokeボタンを押します。

すると

確認を取られるので、「確認」をクリック。
この際、6円ほど手数料が取られてしまいます。
ハッキングリスクを考えて、安い手数料と割り切りましょう。

うまくrevokeできれば、右下に緑のgoodマークが出ます。

以上で怪しいサイトとの切り離しが完了です。

まとめ【次世代のお金稼ぎ】

今回は次世代のお金稼ぎについて書きました。

まとめ

  • Defi(DEX)は最大効率の金融サービス。人件費がない分、利子率が異次元の高さ。
  • 詐欺、送金間違いもあるため、慣れるまでは少額がおすすめ
  • 正しい知識をつければ数百万稼ぐのは容易
  • グループに入れば無料で情報を得ることができる。

discordのグループを作成しました。

皆さんで情報交換していきたいと考えています。

ブログには書いていないことも共有しています。

また、質問などがあればリアルタイムでお答えできるかと思います。

ぜひご参加ください。→招待

 

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

-仮想通貨

© 2021 PAIMEN BLOG Powered by AFFINGER5